舌側(裏側)矯正セミナーに参加してきました

大学の医局主催で行われた新しい舌側矯正「ALIAS」の模型を使った実習付きセミナーに参加してきました。

シャッター付き(カバーでワイヤーをとめる)のブラケット(金具)でストレートワイヤー法というワイヤーを曲げないで治療できるテクニックです。

新しい技術をどんどん勉強したいと考えております。。
久しぶりの大学は施設が若干変わったり、新しい先生やスタッフがいて、私はすでに浦島太郎化しておりました。

それでも他科の先生が「松山先生!」と何人か声をかけてくれて大変うれしかったです。

僕は1年生も教えていたので、後数年は学生も僕のことをおぼえてくれているかもしれません。

そのうち大学が知らない人ばかりになってしまうのは、なんだかちょっとさびしいですね。